ノーマン・リーダス初主演映画

ノーマン・リーダスの初主演の映画は何でしょうか?

日本では公開されなかったので、ご存知の方は限定的だと思いますが、

1998年に米国で公開された”Six Ways to Sunday ”という映画にノーマンが初主演で出ています。

日本では、2001年にビデオ版で「ハードデイズ」というタイトルで、ビデオで公開されました。

ノーマンの役どころは、マザコンの美少年です。でも、ギャングの一味となり活躍する、ちょっと胸キュンの映画です。

とっても若いノーマンが見られますよ。


【ご参考】私もノーマン出演映画を観ているHuluに関する記事

ハード・デイズ ストーリー

ノーマン・リーダスが扮するハリーは、ハンバーガーショップに勤める18歳の少年です。

古いアパートで母親のケイト(デボラ)と暮らしています。

この母親ケイトは、息子のハリーにべったりな過保護ママ。

亭主に逃げられたこともあり、息子の入浴を手伝うことも。

ギャングの世界に

友人のアニーは、ギャングの使い走り。粗暴で、暴力もへっちゃらです。

そんなアニーが借金の取り立てに行くというので、ハリーもついていくことに。

アニーが借金の取り立ての相手に暴力を振るっている様子に、ハリーも興奮して自分も加わります。

実はハリー、切れると手が付けられないほど暴れん坊になるのです。

そんなハリーのハチャメチャぶりをギャングのボスが気に入り、仕事を任せるようになります。

ギャングの仕事はハリーにぴったりで、ギャングの世界で昇進します。

でも、、、女性には奥手。

ボスが娼館にハリーをつれていきますが、ハリーは何もできません。

根はマザコンですのでしょうがないんでしょうね。

恋の予感

そんなハリーにも恋が芽生えます。

ギャングの幹部の男の家のメイドのエレナと恋をします。

ハリーはエレナを自宅に連れていきますが、過保護なハリーの母親はエレナを追い返してしまいます。

エレナと一緒に家を出ればいいのですが、「父親みたいに出ていってしまうの」と母親に言われると、ハリーも逆らえません。

マザコン男のダメプリがおかしくなります。

そのころ、ハリーをつきまとう男がいると感じるようになりました。

この謎の男の正体は誰でしょうか?見どころです。

ギャングの仲たがい

ギャングの幹部は、ハリーにボスを殺すように命令しますが、ためらいながらも、ボスを殺害します。

エレナを迎えに行くものの、エレナは不在。

しょうがなく自宅に戻りますが、なんと母親がハリーを誘惑してきます。

エレナに嫉妬したのでしょうか?

翌朝、母親が自宅で息を引き取っているのを発見!

ハリーはギャングの幹部と町を出ようとしますが、途中でハリーが邪魔になり、ハリーを襲ってきます。

謎の男がギャングの幹部を殺します。

この男の正体は、マザコンハリーの凶暴な姿の分身でした。

母親との精神的な関係を切り、分身の謎の男とも一体となって、主体性を取り戻したハリー。

最後はバス停でエレナと合流し、ハッピーエンド。

ハリー!お幸せにね。

【参考】ノーマン・リーダス出演映画index