ノーマンの最初に出演した映画 Mimic

Mimic(ミミック)は1997年に公開された映画です。

ノーマン・リーダス(Norman Reedus)がまさに駆け出しの頃の作品で、ワンシーンだけですが、ノーマンはJeremy役で出演し、セリフもあります。

ノーマンが観られるのは、Floatingというドラマ(1997)のVAN役が最初ですが、ドラマですので、Mimicが初出演映画と言えます。

ノーマンの役は、Mimicと呼ばれる遺伝子改造した昆虫が人間に擬態化した死骸を冷蔵庫から昆虫学者に見せる陽気な男Jeremyを演じています。

1分程度ですが、とっても若いノーマンを鑑賞することができますよ。

MimicはHuluでご覧になれます。

※紹介している作品は、2017年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。



【ご参考】私もノーマン出演映画を観ているHuluに関する記事

Mimicのあらすじ

冬のNYのシーンから始まります。

昆虫から伝染する病気が流行し、幼い子供がどんどん倒れていきました。

感染すると多くが死亡、生存しても重い障害が残る病気で、ストリックラー病と名付けられました。

アメリカ疾病予防管理センターでワクチン対処を試みましたが、効き目はありません。

アメリカ疾病予防管理センターは昆虫学者のスーザンとピーターに対応を依頼しました。

二人は遺伝子改造した昆虫を作り、伝染病を媒介する昆虫を退治させました。

この昆虫は「ユダの血統」と名付けられ、遺伝子操作により繁殖力はフばわれているので、数か月で死滅する予定でした。

「ユダの血統」による媒介昆虫の駆除により、NYに平和が戻ったように見えました。

それから3年後。スーザンとピーターは結婚し、幸せに暮らしていました。

貧しい人を匿い、世話をしている神父が、屋根から飛び降りて死亡。そのまま下水道に引き込まれる事件が発生した。

それを目撃していたのは、靴磨きで生計をたてえているチューイという少年です。

一方、スーザンは貧しい少年から地下から採取したという昆虫を買い取りました。

それは何と「ユダの血統」でした。NYの地下で「ユダの血統」が生き延びていたのでした。

スーザンとピーターはNY市警と地下の下水道で「ユダの血統」の調査を行うことにしました。

そこで失踪したチューイを探しに来ていたチューイの祖父のマニーと出会います。

スーザンはNY市警とともに調査をすすめます。

そこで、ジェレミー(ノーマン・リーダス)から冷蔵庫に「ユダの血統」の保存体を見せられました。

「ユダの血統」は人間に擬態する兆候が見られました。

ピーターは地下道で迷っているときに、巨大化した「ユダの血統」に襲われました。

「ユダの血統」は人間に擬態化することを学んだのです。

「ユダの血統」との戦いでは、NY市警が襲われて命を落とすなど、激しいものでしたが、ピーターは「ユダの血統」の女王を倒し、「ユダの血統」の巣を焼き払いました。

地上に戻ると、チューイも無事でした。

こうして平和が戻ったのです。

【参考】ノーマン・リーダス出演映画index