ノーマン・リーダス ゲーム

ノーマン・リーダスが主人公サムを演じるPS4ゲーム『デス・ストランディング』の発売日が2019年11月8日に決まったと発表になりました。

プレーステーション4の愛好家に加えて、ノーマン・リーダスファンも必見のゲームです。

なにせ、コナミで活躍していた小島秀夫氏が手がけるゲームですので、超リアルなゲームが期待できます。

ノーマン・リーダスが主人公を演じるデス・ストランディングの魅力をご紹介します。


ノーマンが主役のゲームデス・ストランディングについて

デス・ストランディングの主人公は、ノーマン・リーダスが演じるサム・ポーター・ブリッジズ。

何故か運び屋です。

舞台は北米大陸。

デス・ストランディングという不可思議な現象が発生して人類や都市が分断し、安全な都市やシェルターに分散していきました。

繋がりを失った人類は滅亡の危機にさらされており、ノーマン演じるサムが支援物資を運び、またカイラル通信といわれる通信網で都市を結んでいきます。

通常の都市間の通信は、無線と音声通信そしてごく僅かの容量のデータ通信しかできません。

アメリと第一次遠征隊が北米大陸を横断し、都市の結び目を整備。

結び目にそのQpid(キューピッド)を接続し、カイラル通信を起動させることで、都市間の大容量のデータ通信が可能となります。

さらに過去までも繋がって、断片化されたデータが1つに統合されるのです。

そして、サムの目的は北米大陸を横断して都市を繋ぐことでした。


デス・ストランディングの遊び方

サムが荷物を運ぶため、まず背負う荷物のバランスを調整します。

荷物の重心を調整することで、無駄に体力を消耗せずに荷物をダメにせずに運ぶことができるのです。

荷物の準備が終われば、運ぶルートをきめます。

このルートは、川や崖など危険な場所や地形がいろいろあります。

荷物の重さ、バランス、ハシゴやロープなどの装備、バイクなどの移動手段を考慮してルートをきめるのです。

地図にルートを設定すると、進行ラインが表示されます。

なお、バイクは入手しにくいレアアイテムのようです。

サムの行く手を阻むもの

サムの運びや活動を阻むものをご紹介します。

悪い集団ミュール

荷物を略奪しようとする「ミュール」という集団。

でも、サムは一人ではありません。

アイラル通信で他の場所にいるサムと協力できます。

サム達が設置したハシゴやシェルターなどを自分の世界にも持つことができるのです。

小島秀夫氏はソーシャル・ストランド・システム(ストランド・ゲーム)と呼んでいる、他のプレーヤーと繋がる世界のあるシステムを構築したのです。

時雨(タイム・フォール)

別世界から降る雨。

この時雨にあたると、人が急に老けたり、植物が枯渇したり、サムの運ぶ荷物が劣化したりします。

謎の生命体BT

タイム・フォールのフル地域に出現するあの世からやってきた謎の生命体で、肉眼で見ることができません。

BTも人間を見ることができませんが、ハンターBTは人間をタールの沼に引きずり込み、キャッチャーBTが捕まえに来ます。

サムが反撃するには、専用のBT兵器が必要となります。

また、サムは、BB(ブリッジ・ベイビー)と呼ばれるあの世と繋がっている胎児を自分と接続することで、BTを認識することができるようになります。

時雨(タイム・フォール)で原始時代に戻った大地をサムは一人で進むわけですが、サムの衣装や休憩場所となる「プライベートルーム」は各自で選べます。

つまり、自分だけのノーマン・リーダスが楽しめるところがポイントとなります。


『デス・ストランディング』発売日が11月8日に決定

デス・ストランディングは、パッケージ版とダウンロード版があります。

早期購入者特典として

Blu-ray Disc™版初回生産特典
■予約購入特典(2019年11月7日まで)
・”Sam”サングラス(ゴールド/色替え)(ゲーム内アイテム)
・帽子(ゴールド/色替え)(ゲーム内アイテム)
・スピードスケルトン/ゴールド(ゲーム内アイテム)
・プロテクター/ゴールド(ゲーム内アイテム)
※ゲーム内アイテムは、ストーリーの進行でアンロックされます。
・PlayStation®4用ダイナミックテーマ
・アバター (ねんどろいどルーデンス)
※アバター (ねんどろいどルーデンス)は予約購入の決済が完了後、すぐにご使用頂けます。

また、スペシャルエディションも発売予定

価格:7,900円(税別)

■ゲーム本編
■スチールブックディスクケース
■ゴールド「Ludens Mask」サングラス
(ゲーム内アイテム)
■DEATH STRANDING:Timefall
(オリジナルミュージック集+ミュージック集のメイキングビデオ)(デジタルダウンロード)

デス・ストランディングの出演者

サム・ポーター・ブリッジズ:ノーマン・リーダス/声:津田健次郎)

クリフ:マッツ・ミケルセン/声:山路和弘

アメリ:リンゼイ・ワグナー/声:井上喜久子

ダイハードマン:トミー・アール・ジェンキンス/声・大塚明夫

フラジャイル:レア・セドゥ/声:水樹奈々

ママー:マーガレット・クアリー/声:坂本真綾

デッドマン:ギレルモ・デル・トロ/声:石住昭彦

ハートマン:ニコラス・ウィンディング・レフン/声:大塚芳忠

ヒッグス:トロイ・ベイカー/声・三上哲

プレッパーズ:分断された世界で孤立した人々の総称。ダンサーの三浦大知も出演。

ノーマン・リーダスと小島秀夫氏の関係

小島秀夫について
  • ゲームデザイナー
  • Twitterアカウント:
    日本語版 @Kojima_Hideo
    英語版  @HIDEO_KOJIMA_EN
  • Youtube
  • https://www.youtube.com/channel/UC6lUqvh42Oc3XL19Edgd9QA?app=desktop

小島秀夫氏がノーマンに出演を依頼し快諾をもらったと発表したのが、2016年6月。

それから3年が経過し、発売が見通せる所まで来ました。

ノーマンと小島秀夫氏の関係をみていきましょう。

ノーマンリーダスと小島秀夫氏との関係はこちらの記事も参考になります。
▼▼ ▼▼
ノーマンリーダスと小島秀夫氏との関係
 

小島秀夫氏がノーマン・リーダスを主人公に起用したのは、主人公がオーラを出す演技力が必要と考えたから。

そして、ウォーキング・デッドのダリル役で輝いていたノーマンに白矢を当てたというわけです。

小島秀夫氏は、通常のオンラインゲームとは異なり、世界中のプレーヤーと繋がりながら、相手のために何が出来るかを考えながらゲームを進める新しいゲームを作り出しました。

小島秀夫氏は、コナミに在籍していたときに、ノーマン・リーダスを起用してプレーステーション用のゲーム「サイレント ヒル(SILENT HILLS)」を開発していました。

2014年8月に「SILENT HILL」のP.T.(プレイアブル・ティザー)として配信されていたホラーゲーム「P.T.」は、ユーザーからの評価も高かった作品でしたが、コナミが2015年に「SILENT HILL」の開発中止を公表し、P.T.の配信も取りやめてしまいました。

ノーマンリーダスも、SILENT HILLSの中止を皮肉ってますね。

この後、小島秀夫氏は2015年12月15日付けでココナミを退社し、「コジマプロダクション」を立ち上げ、2016年にはノーマン・リーダスと再会し、デス・ストランディングの開発がすすむことになります。

小島秀夫氏の凄いところは、2013年の頃からノーマンの出演作品を観ていたということ。

ノーマンの演技を観て、最終的に主役に決めたんですね。