ノーマン若い頃

ノーマン・リーダスは、ウォーキング・デッドのダリルの影響でワイルドなイメージを持っています。

ノーマンの若い頃はどうなんでしょうか?

若い頃はかっこいいモデルをしていました。

ノーマン・リーダスの若い頃についてみていきましょう。


ノーマン リーダスは昔はイケメンモデルだった

ノーマン・リーダスは若い頃、PRADA、Durban、LEVI’s、GAPなどのファッションモデルを務めていました。

ノーマンリーダスが務めたファツションモデル

1997年にはノーマンはPRADAのモデル

ノーマンのモデル姿、とってもかっこいいですね。

ノーマン プラダのモデル

ノーマン PRADAのモデル

2000年から2004年までは、ノーマンはDurban(ダーバン)のモデル

ノーマン ダーバンモデル

ノーマン ダーバンモデル

ノーマン モデル

ノーマン Durban モデル

Levi’s のモデル

ノーマン レーヴァイス

ノーマン・リーダスの着用ブランドは、ジャケット:Zegna、ジーンズ:Levi’s

Levi'sの男

Levi’sの広告:I’m a T-shirt-and Levi’s type of a guy.(私はTシャツとLevi’sの似合う漢)

Levi’sのモデル時代1997年にImpalaの漢のCMでノーマンが出演しています。

GAPのモデル

ノーマン・リーダス GAPモデル

ノーマン・リーダスの若い頃は、さすがモデル。かっこいいですね。

ノーマンリーダスの若い頃の私服姿を画像で紹介

ノーマン・リーダスの若い頃の私服画像もすてきです。

若い頃は左頬にホクロがトレードマークになっていますね。

ノーマン 若い頃

ウォーキングデッドのダリル役をする頃には、ホクロは薄く気にならなくなっています。

ダリル役のノーマン

若いノーマン

若い頃のノーマン


ノーマン・リーダスのプロフィール

ノーマン・リーダスは、シチリア人の父 Ira Norman Reedusとイギリス人の母親マリアンとの間に1969年1月6日にフロリダ州ハリウッドで生まれました。

ノーマン・リーダスの母親

ノーマンの若い頃は、テニスに夢中でテニスの才能もありました。

12歳でテニスアカデミーに入門した腕前でしたが、次第に飽きてテニスをしなくなったそうです。

ノーマン テニス少年


ノーマンリーダスは若い頃に日本に住んでいた

ノーマンの両親は離婚し、母親のマリアンがノーマンと妹のレスリーを育てました。

ノーマンの母親マリアンが再婚して日本に住むことになったため、ノーマン16~17歳の頃、母親と一緒に日本に移住。

ノーマン・リーダスが住んでいたのは、千葉県習志野市本大久保でした。

ちなみに、ノーマン・リーダスは富士山登山を楽しんだり、原宿でバンド巡りをしたり、キティちゃんを見て回りました。

ノーマンがウサギ好きで、日本のかわいい文化に通じる感覚は、日本にいた青年時代に培われたかもしれませんね。

ノーマン・リーダスの俳優への道

ノーマン・リーダスは、英国やスペインに移り住み、絵描きをしていました。

その後、ノーマンは、米国に戻り、カンザス州のBethany Collegeに入学しますが、通ったのは1学期だけだったとか。

その後、LAのハーレーダビッドソンに時給$7.5ドルで勤務しながら、絵描きと写真家をしていました。

ノーマンがモデルを始めたのは、画材代を稼ぐ為だったとのことです。

モデルを始めたおかげでしょうか、あるパーティで大きなサングラスをかけて大声を出していると、ある人に劇に出演しないかと誘われます。

これがきっかけで、ノーマン・リーダスは俳優の道を歩み始めるのです。

ノーマンの最初の出演は、ティファニー劇場で公開された「Maps for Drowners」でした。

ノーマン・リーダスの出演映画はこちらにまとめています。
▼ ▼ ▼
ノーマン・リーダス出演映画

ノーマンがバイクで巡る旅番組で日本に来たときの記事はコチラ
▼ ▼ ▼
ライド WITH ノーマン・リーダス