gossip
 

ゴシップ (Gossip 2000年)| ノーマン・リーダスがトラヴィス役で出演

ノーマン・リーダスの20代後半に撮影された作品で、トラヴィス役で出演しています。
 
監督は、『ER緊急救命室』、『24 -TWENTY FOUR-』のテレビシリーズで共同メガホンを取り、2006年には地球温暖化防止を訴えるアル・ゴアのスライド講演の様子を収めた『不都合な真実』でアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したデイヴィス・グッゲンハイム。ジャーナリズムの分野を得意とするデイヴィス・グッゲンハイムが噂にまつわる群集心理を扱った作品です。
 
サスペンスタッチで仕上げ、最後まで観客をストーリーに没入させて引っ張っていくようにしていますが、批評家筋からはやや不評でした。ノーマン・リーダスはこの作品でメインキャストとして登用されています。
 
 

【悪友3人組】

 
名門大学が軒を連ねるアメリカ北東部の大学キャンパス、ルームメイトのデリック(ジェームズ・マースデン)、キャシー(レナ・ヘディ)、トラヴィス(ノーマン・リーダス)は自堕落な学生生活を満喫していた。
 
ゴードウィン教授のジャーナリズム学を専攻していたデリックたちは、デマが群衆を流れる仕組みを検証しようと、わざとうわさを流し、その過程を追跡して調べることにした。
 
 

【ターゲットはナオミ】

 
3人はナイトクラブにいたナオミ(ケイト・ハドソン)とボー(ジョシュア・ジャクソン)のカップルに目をつける。
 
生徒の間ではナオミは結婚までヴァージンを守る主義であることが知られていた。
 
しかもナオミは生徒の間でも力を持ち、裕福な家庭の出だったため、うわさの対象にされるには格好のターゲットだった。

【ご参考】私もノーマン出演映画を観ているHuluに関する記事


 

【噂の顛末】

 
ナイトクラブでのパーティ間、デリックは女の子を部屋にお持ち帰りしていた。
 
その子の調子が悪くなり、介抱しているときに、デリックは隣の部屋でナオミとボーがキスをしているのを見る。
 
ボーはセックスに持ち込もうとするがナオミに断られていた。
 
デリック、キャシー、トラヴィスはナオミがボーとセックスしていたと噂を流し始める。
 
案の定、うわさは瞬く間に広がり始める。次第に噂は大きくなり、ナオミがボーイフレンドのボーだけではなく、ゴードウィン教授と2人を相手にセックスをしていたとなり、やがて悪い方向に尾ひれがつき、ボーがナオミをレイプしたという風に変化し始める。
 
噂を聞いたナオミは、酔って意識がない間にボーがレイプしたと思い込み、泣き叫んで警察に訴える。
 
ボーは手錠を掛けられ逮捕され、キャッシーは後悔するがすでに遅かった。
 
悩んだキャッシーは警察に事情を話し、自首するが、うわさにしか過ぎなかった話はすでに強固な既定事実となり、警察にも相手にされなかった。
 
 

【参考】ノーマン・リーダス出演映画index